森島情報局

超長期優良「200年住宅」

昨日、優良工務店の会(QBC)の勉強会で会員工務店の竹ノ塚と葛西、2か所の超長期優良住宅の施工を見学してきました。
「超長期優良住宅」は、
・耐久性の高い素材と工法を採用した家
・地震や台風に対して丈夫な家
・維持管理のしやすい家
・省エネルギー性能の最高レベルの家
・広さ、高さに余裕を持ち変化に対応しやすい家
・街並み、景観に配慮した家
・工事記録、図面、書類が長い間保存できる仕組みを持った家
これが国の定めた基本性能、具体的なイメージです。
具体的には、
・構造材・羽柄材は、国産材
・高気密高断熱による高耐久性
・床下のスペースは、35cm以上確保する。
・基礎の立ち上がりの部分の幅は18cm
・基礎に用いるコンクリートは、十分な強度を確保する
・外壁に18mm以上の通気層を設けるか、または軒の出90cm以上を確保した真壁造とする
・地盤調査を行い、調査会社による地盤保証を受ける
以上を基本的に行えれば認証されます。
現在、国の補助金が支給されるこの制度、申請手続きを除けば、けして難しいものではないと感じました。
現在施工中の朝霞の家は、まさに200年住宅です。

手紙〜親愛なる子供たちへ〜

心が熱くなる曲に出会いました。
シンガーソングライター 樋口了一さん の曲です。
老いの現実を見つめ、命の儚さ、家族の絆、思いやりが溢れています。

「手紙〜親愛なる子供たちへ〜」
年老いた私が ある日 今までの私と違っていたとしても
どうかそのまま私のことを理解して欲しい
私が服の上に食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても
あなたに色んなことを教えたように見守って欲しい

あなたと話す時 同じ話を何度も何度も繰り返しても
その結末をどうかさえぎらずにうなずいて欲しい
あなたにせがまれて繰り返し読んだ絵本のあたたかな結末は
いつも同じでも私の心を平和にしてくれた

悲しいことではないんだ 消え去ってゆくように
見える私の心へと 励ましのまなざしを向けて欲しい
楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり
お風呂に入るのを嫌がる時は思い出して欲しい
あなたを追い回し 何度も着替えさせたり 様々な理由をつけて
嫌がるあなたとお風呂に入った 懐かしい日のことを

悲しいことではないんだ 旅立ち前の
準備をしている私に 祝福の祈りをささげて欲しい
いずれ歯も弱り 飲み込むことさえ出来なくなるかも知れない
足も震えて立ち上がる事すら出来なくなったなら
あなたが弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように
よろめく私にどうかあなたの手を握らせて欲しい
私の姿を見て悲しんだり 自分が無力だと思わないで欲しい
あなたを抱きしめる力がないのを知るのはつらい事だけど
私を理解して 支えてくれる心だけを持っていて欲しい
きっとそれだけでそれだけで私には勇気がわいてくるのです

あなたの人生の始まりに私がしっかりと付き添ったように
私の人生の終わりには少しだけ付き添って欲しい
あなたが生まれてくれたことで私が受けた多くの喜びと
あなたに対する変わらぬ夢を持って笑顔で応えたい
親愛なる家族へ
親愛なる子供たちへ

わんぱく力士

昨日は、青年会議所(JC)時代に携わっていた、わんぱく相撲出身で現在十両の境澤力士の激励会に行ってきました。
自分が担当したころは、もう中学生で小学生の子供たちに胸を貸し、稽古をしていたのを覚えています。
そのころから体は大きくオウラがありました。
昨年幕内入りし激励会を行ったものの、その場所で大きなけがをしてしまい休場しましたが、その後も稽古に励み近いうちに幕内復帰をはたしてくれるでしょう。
境澤くんに注目です。

「堀崎町の家」「朝霞の家」ともども21日に見学会を開催します。
ご連絡をおまちしています。

住まいの講座

今月の住まいの講座の参加者は、3名でした。
近所にポスティング等の案内をしているのですが、マツザワ設計HP閲覧のかたがほとんどで、なかなか私の努力が足りず皆さんにPRができていません。家づくりを考えている方にはとっておきの講座なのですが残念です。

今回も二世帯住宅の考え方や住まい方を松澤先生の経験の中からいろいろとうかがえました。
自らの経験と今まで設計してきた家族の住まわれ方を聞いてみると参考になることがたくさんあります。
台所の使われ方から戸じまりの仕方までなるほど・・・いい話が聴けました。
 来月は、3月7日バリアフリーのお話です。ぜひ参加してみてください。
その前に「朝霞の家」の見学会もありますのでぜひともお楽しみに!

クッキープロジェクト

 クッキープロジェクトは、障害者が働く福祉施設のクッキーを売れる商品にしようと、企業や学生、主婦等が集まってアイデアを練り、さらに施設の関係者と共にデザイナーやシェフなどにも指導を受け研究したプロジェクトです。
 このプロジェクトは、昨年「NPO法人 ハンズオン埼玉」 http://www.hands-on-s.org/ の呼びかけで始まりました。
 ハンズオンの西川さんや若尾さんとは、以前より交流があり森島工務店としても仲間に入れて頂きました。ちなみにハンズオンさんが入居している事務所は、昔、自分も通っていた歯医者さんで当社の会長による44年前の作品です。
 31日に参加させて頂いたのですが、生まれて初めてのレジ打ちは、最初は緊張したものの次第に楽しませてもらいました。
当日は、堀崎町の家、くらしデザインスタジオ http://home.kurade.net/ の石井さんも購入に見えてました。
自分もいくつか購入しましたが、どれも気持ちのこもったやさしい味で家族で美味しくいただきました。
次回は、情報局の中でも開催案内をします。

  |« 過去の記事 新しい記事 » | |全件見る(最新へ)|